« 幼児の問題行動は「老化」バイオマーカーとつながっているかもしれない | トップページ | 女子学生のFacebook上の関係と飲酒を結びつける研究 »

2016-05-10

乳児は他者の欲求を理解している

M. Köster, X. Ohmer, T. D. Nguyen, J. KärtnerによるInfants Understand Others' Needsという論文のアブストラクト。掲載誌はPsychological Science(April 2016 vol. 27 no. 4 542-548)。

本文は有料なので読んだのはアブストラクトだけ。赤ちゃんの「有能さ」の社会的な側面についてはこれまでもいろいろ言われていたわけだが,こういう話が出てくると「心の理論」とはなんだったのか,という感じになってくるなあ。

乳児は生まれて2年までの間に他の人を助けるようになる。だが,早期の援助的行動が他の人の欲求の理解に基づく向社会的な動機づけによるものなのかどうかについてはよくわかっていなかった。この研究では視線追跡を使い,9~18か月の乳児(71名)に,邪魔なもののせいでゴールにたどり着けず助けを必要とするキャラクターと,自力でゴールに到達することができるもう一人のキャラクターを見せた。第三者(援助者)が行動を始めると,乳児は助けを必要としているキャラクターを援助者が助けに行くことを期待した(このことは予期的に見る場面と期待が外れる場面とにおいて示された)。向社会的な理解に年齢差はなく,二つの行動課題で測定された自分が行う援助的行動とも関係がなかった。つまり,乳児は自分が他者を援助する行動をしはじめる前でも,他の人の欲求を理解しているのである。このことは,早期の援助行動が実際には向社会的に動機づけされているかもしれないということを示している。また,援助行動の個体発生の根底にある他の能力についてはどうなっているのか,という問題を提起するものである。

« 幼児の問題行動は「老化」バイオマーカーとつながっているかもしれない | トップページ | 女子学生のFacebook上の関係と飲酒を結びつける研究 »

発達」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 乳児は他者の欲求を理解している:

« 幼児の問題行動は「老化」バイオマーカーとつながっているかもしれない | トップページ | 女子学生のFacebook上の関係と飲酒を結びつける研究 »

このブログのライター


  • 北海道地方の大学教員