カテゴリー「教育」の55件の記事

2016-09-04

赤ちゃんシミュレータ・プログラムが10代の妊娠を防ぐ効果

Efficacy of infant simulator programmes to prevent teenage pregnancy: a school-based cluster randomised controlled trial in Western Australia
By Dr Sally A Brinkman, PhD, Sarah E Johnson, PhD, Prof James P Codde, PhD, Michael B Hart, FAFPHM, Judith A Straton, MD, Murthy N Mittinty, PhD, Prof Sven R Silburn, MSc

Bilingual NewsでMamiが取り上げていたニュースの元ネタ(Lancetの論文)のサマリー。日本語による記事はGigazineにも「10代の妊娠を防ぐための「赤ゃんロボット」が妊娠を促す効果をもたらす」というタイトルで出ている。

赤ちゃんシミュレータが妊娠・出産を増やす効果があるのなら,若年妊娠・出産のリスクのある中高生ではなく,18歳以上の人に赤ちゃんロボットを体験してもらえばいいのだろうか。もちろん男子も対象に。

続きを読む "赤ちゃんシミュレータ・プログラムが10代の妊娠を防ぐ効果" »

2016-05-17

女子学生のFacebook上の関係と飲酒を結びつける研究

PsyPostの"Study links Facebook connections and alcohol use in college-aged females"という記事。元ネタはA.Oshri, I.Himelboim, J.A.Kwon, T.E.Sutton, J.MacKillopによるChildhood Physical and Sexual Abuse and Social Network Patterns on Social Media: Associations With Alcohol Use and Problems Among Young Adult WomenというJournal of Studies on Alcohol and Drugsの2015年の論文。児童虐待と,ソーシャルネットワークサービス上のつながり具合と,飲酒の問題と,からみ具合がいまひとつ不明ではあるけれど,ソーシャルネットワークのスタイルとメンタルヘルス上のリスクとに関連があるかもしれないという話は,若者をたくさん見てきた実感となんとなく合っているようにも感じられる。

続きを読む "女子学生のFacebook上の関係と飲酒を結びつける研究" »

2016-03-16

低所得層の子どもの脳の発達は家庭訪問で促進されるかもしれない

ずいぶん長いこと中断していたこのブログに,もう一度チャレンジ。
Twitterで拾ったLisa RapaportによるReuters Healthの記事。
Home visits can boost brain development for low-income kids

タイトルで「脳」を出すのはちょっと話を盛りすぎの気もするが,早期の教育的介入の効果への希望が感じられる研究ではある。

元ネタは,C. M. Bann, et. al.のPediatrics April 2016の論文"Home-Based Early Intervention and the Influence of Family Resources on Cognitive Development"。

親が幼児と認知的スキルを使うことを援助するような家庭訪問によって,低所得世帯の子どもの脳の発達が助けられるということを示唆する研究がある。

続きを読む "低所得層の子どもの脳の発達は家庭訪問で促進されるかもしれない" »

2013-09-12

ダイジェストガイド:勉強

The British Psychological Society Research Digest - Blogging on brain and behaviourの記事。1年以上も放置していたこのブログを再開するにあたって、とりあえず定番のブログの最新記事を取り上げてみた。

The Digest guide to ... studying

続きを読む "ダイジェストガイド:勉強" »

2011-11-03

子どもたちは直接広告と親の影響で食べ物を選ぶ

twitterで拾った、PSYPOSTの記事。幼児が広告の影響を受けやすい、という話。実際のところ子どもに食事を提供するのはたいていの場合おとなだから、食物の選択に関しては周囲のおとなの影響力はたしかにあるだろう。広告と子どもの選好というこの図式は、おもちゃメーカーとタイアップしたアニメや戦隊ものの番組のお子さま商売が日本で効果的なビジネスモデルになっていることとも共通する部分がある。ただ、食事と比べて親のコントロールで子どもの欲求を満たしにくいテレビやおもちゃの分野においては、両親の広告対抗力はやや分が悪いかもしれない。

Children’s food choices are affected by direct advertising and parental influence

続きを読む "子どもたちは直接広告と親の影響で食べ物を選ぶ" »

2011-10-11

問題を解決するのに心と体を使う

かなり前にTwitterで拾ったMedical News TODAYの記事。

アフォーダンスに応じて環境とかかわる、という生体の根本に照らせば、至極当然なのかもしれない。
こういうシンプルな実験でものを言えるのって、とても面白いことだなあ。

Using Mind And Body To Solve A Problem

続きを読む "問題を解決するのに心と体を使う" »

2011-06-05

言語パターンは子ども時代の発達を通じて激しく変化する

Twitterで拾ったScience Dailyの記事。
強調の意味を持つ北海道弁「なまら」が主として男子中高生によって多く使用されるというような、仲間関係の共有を強調するための方言の使用みたいなことも関係あるのかもしれない。

Language Patterns Are Roller-Coaster Ride During Childhood Development

続きを読む "言語パターンは子ども時代の発達を通じて激しく変化する" »

2011-05-11

タイガーマザーの育児

Twitterで拾った、アメリカで物議を醸したエイミー・チュア(Amy Chua)の中国式スパルタ教育についての記事。「タイガーマザー効果はあるか」という原題だが、活動時間を極端に偏らせればその影響(効果?)が出てくることは当然。人種ごとの生活時間の内訳のデータを用いてそのあたりを跡づけているところが、少し目新しいか。著者はカリフォルニア大学サンディエゴ校経済学部のヴァレリー・ラミー(Valerie A. Ramey)博士。

Is there a tiger mother Effect? Time Use Across Ethnic Groups

続きを読む "タイガーマザーの育児" »

2011-04-02

自尊心の低い人は偏見を持ちやすい

Twitterで拾ったAPSの記事。

People With Low Self-Esteem Show More Signs of Prejudice

自分自身をダメだと感じているとき、人は異なる人々に対する偏見をより強く示すようだ。心理科学会の雑誌Psychological Science誌に掲載された新しい研究が、どんなふうにしてそれが起きるのかを調べている。

「人々がなぜ型にはめたり偏見を持ったりするのかということについての最も古い説明の一つは、それによって自分自身がより優れていると感じられるからというものだ」とジェフリー・シャーマン(Jeffrey Sherman)はいう。彼はカリフォルニア大学デイヴィス校にいて、この研究をトマス・アレン(Thomas Allen)とともに執筆した。「私たちが自分をダメだと感じているときは、他の人を中傷し、それによって自分が他者よりも優れていると感じるようにするのだ」

シャーマンとアレンは、潜在的連合テスト(Implicit Association Test, IAT)を使ってこの主張について調査した。IATは単語や絵に対する自動的な反応を評価するようにつくられた課題である。人々の潜在的な偏見を明らかにするために、被験者はコンピュータのモニタにポジティヴな単語、ネガティヴな単語、黒人か白人の顔写真が表示されるのを見るように求められる。第一の課題で、被験者は黒人の顔かネガティヴな単語のときに「E」のキーを、白人の顔かポジティヴな単語のときには「I」のキーを押すように求められる。第二の課題では、組み合わせが反対になる。つまり被験者は今度はポジティヴな単語と黒人の顔、ネガティヴな単語と白人の顔を結びつけることになる。

IATでの偏見の測定は直截的である。被験者が黒人についてネガティヴな連想を持っているなら、第二の課題の方を難しく感じるはずだ。このことは自分をダメだと思っている人でより当てはまるだろう。

だが、心理学者はこの仕組みについては同意していない。「人々はまったく同じデータに基づいて理由についてのまったく異なる論証をおこなっている」とシャーマンはいう。これには二つの可能性がある。自分をダメだと感じることは、他者についての否定的な評価を活性化させるか、そのような偏見を抑制しないようにする。

この実験でシャーマンとアレンが被験者に求めたのは、創造的な思考を必要とする非常に難しい12問の問題に取り組むことであった。この問題に2問以上正解した人はいなかった。被験者の約半数には自分のテストの結果が示され、平均点が9点であったと伝えられる。これは、自分はダメだと思わせるためである。残りの半数はテストはあとで採点されると伝えられた。その後すべての被験者がIATを受け、予想通り、自分のテストの結果が悪かったと感じた被験者が潜在的な偏見の証拠をより多く示した。

だが、シャーマンとアレンはもう一歩突っ込んだ。彼らはさらにこの効果が生じる過程を示した数学的モデルを適用したのである。実験データに当てはめた結果、自分をダメだと感じている人が強められた偏見を示すのはネガティヴな連想がより強く活性化されることによるものであり、偏見の抑制が弱くなるということではないということを突き止めることができた。

この違いは微妙だが、重要なものだとシャーマンはいう。「もしこの問題が、人々が偏見を抑えることがうまくいかないということなら、もっとうまく制御できるように訓練できるかもしれない」だが、彼の結果はそうではないことを示唆している。「問題は私たちの心が他者の集団のより否定的な側面に惑わされてしまうことだ。これについてできるのは、他の人々に対して別の考え方を試すことだ。自分自身をダメだと感じていて他者の集団をネガティヴに考えてしまっている自分に気づいたら、『私はテストで失敗したとか何とかのせいでそう感じているのかもしれない』ということを思い出そう」

2011-02-26

いい日であるように、そのつもりで微笑もう

Twitterで拾ったPSYPOSTの記事。性差に重点が置かれた記述になっているが、仕事上の微笑にも感情の裏づけが必要だというふうに読めば、「フィッシュ哲学」の有効性の傍証としても受け止めることができそうだ。

For a better workday, smile like you mean it

続きを読む "いい日であるように、そのつもりで微笑もう" »

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

このブログのライター


  • 北海道地方の大学教員