カテゴリー「保育」の7件の記事

2010-10-13

反社会的行動を防ぐために開発された3歳児の教育プログラム

Medical News Todayで流れていた記事。短期的な効果は思いのほか高いようだ。でもその効果の持続性はどうかな。年齢が低い子どもは、こういう行動レベルではけっこう変わりやすいから。

Education Program Developed For Preventing Antisocial Behaviour In 3-Year-Old Children

続きを読む "反社会的行動を防ぐために開発された3歳児の教育プログラム" »

2010-08-02

教育熱心であること

記事をまとめて二つ。

幼稚園出身の子の正答率、高い傾向 全国学力調査」これは朝日新聞社のサイトにあった新聞記事。時間がたつとリンクが切れてしまうかもしれないな。

jtsutsui氏のブログ「社会学者の研究メモ」にあった「『幼稚園と学力の関係』における相関関係と因果関係

続きを読む "教育熱心であること" »

2010-07-03

三歳児の神話

 ついったーで流れていた、八王子の保育園の理事長の文章を要約。10年ほど前のもののようだ。
 私自身は、幼い時期の養育者の関わりの重要さは認めるものの、生みの母親に育てられなくてかわいそうに、という大人がいるから、自分は生みの母親に育てられなくてかわいそうなんだ、という屈託を抱く子どもが育つのであって、生みの母親に育てられない子どもはすべて先験的に屈託を抱いてグレるなどとは言えないと思っている。つまり、私の立場は、3歳児神話は幼い時期の養育者の重要性を指摘している点で正しいが、その養育者を生みの母親に限定してしまうことには普遍的な必然性はない、というものである。
 そういう意味で、この理事長先生の書いていることは、特に後半はかなり正鵠を射ていると思う。

長田安司 「3歳児神話は神話にすぎない」は本当か?
----------------------------------------

続きを読む "三歳児の神話" »

2010-05-29

よろしく

@0909です。

こちらのブログに投稿できるようになりました、どうぞよろしく。

さて、最近は英語論文をレビューするということをマジメにやってませんで、もっぱら保育分野に関する論文もしくは本を読んでいるという感じです。

ここではレビューしませんが、ぼちぼち投稿していきたいと思います。

2010-05-24

家庭・幼稚園・小学校の連携は成績を高める

ついったーで拾ってきた、Medical News Todayの記事。生育環境や初期経験などと学校の成績の善し悪しと関連づけた研究の記事が妙に目につくような気が。それにしても、どうもこの英語は回りくどくてうまく日本語にできない。
Home, Preschool And School Coordination Boosts Achievement
Article Date: 17 May 2010 - 1:00 PDT

続きを読む "家庭・幼稚園・小学校の連携は成績を高める" »

2010-05-23

作物栽培の実践と植物に関する幼児の生物学的理解

『教育心理学研究』に掲載されていた論文。
アブストラクトはこちら
外山紀子 作物栽培の実践と植物に関する幼児の生物学的理解 教育心理学研究, 57, 491-502

続きを読む "作物栽培の実践と植物に関する幼児の生物学的理解" »

2010-05-21

よい保育は高校生になっても効き目がある—でも自由に遊ぶ時間は大事

ついったーで拾ってきた、Midical News Todayの記事。管理的な保育は相互作用的とは思えないので、それを「相互作用が多すぎてもよくない」という文脈で出してくるのは、ちょっと腑に落ちない。話題としては興味深いのだが。

Good Childcare Has Benefits That Last Into High School - But Free Play Time Is Important
Article Date: 16 May 2010 - 9:00 PDT

続きを読む "よい保育は高校生になっても効き目がある—でも自由に遊ぶ時間は大事" »

その他のカテゴリー

このブログのライター


  • 北海道地方の大学教員